馬山を訪れたのにはもう一つの目的がありました。 それは名物のアグッチム(あんこう)を食べるため。 というわけで、馬山名物の「アグッチム」を紹介します。