課題発表の本番の日を迎えました。発表は40ちょっとの人間の前で行うのですが台本は見てはいけません。

もしセリフを忘れたら、その場で討論をやっているかのごとくアドリブで乗り切らなければいけません…

 

Ad

 

さて、この日は開始30分前にみんな集まり、一回練習しようとなったのですが来たのは僕を含め3人。半分はやっぱり来ない。

予想はしてましたが…

 

 

 

僕も個人で練習はしましたが正直自信はありませんでした。司会者なので中間で話す内容はメンバーがセリフをちゃんと話すかにもかかっています。

メンバーがセリフを忘れた場合は、僕もその時点でアドリブをせざるを得なくなります。

 

 

 

3つのクラスに2つづつのグループで計6人の司会者役がくじを引き、順番を決めます。僕のグループは4番目になりました。

各グループのテーマはそれぞれ、中絶、整形、ネットおよびSNS、死刑制度、安楽死などです。

テーマが同じグループが1つありました。

 

 

 

緊張感が漂う中、発表がスタート。みんな頑張って喋ってます。しかし、2番目のグループで何やら異変が…

この日は各人が他の人たちから見えるように机に名札を置いていました。A4用紙を三角に折って作ったものです。

しかし、みんなから見えないのをいいことに名札の裏にセリフを書いてカンニング。これには怒った先生が名札を押収。しかしズルした人たちに中国人の多いこと…

 

Ad

 

20130508_104421-300x225
他のグループの様子ですが、三角の名札が見えると思います。堂々と台本を持ち込んでる人もいます。顔は恒例のモザイク処理です。

 

 

 

そんなこんなで僕のグループの出番。序盤は順調な滑り出しでしたが、中国人L(まじめな方)がまさかのセリフ度忘れ!

緊急事態発生…

なんとか中国人Lは乗り切りましたが、それに合わせて僕もアドリブで次につなげなきゃいけない。脳みそフル回転です。

ここからみんな一気にペースが崩れ、みんなアドリブに。

 

 

 

しかし他のメンバーも本番に強いのか、なんとか話したと思います。最後のまとめもなんとか終え、発表は無事に終了です。

ちなみに問題の中国人Hはボロボロで目も当てられませんでした。

 

 

 

自分の出番が終わると一気に力が抜けます。次のグループの発表などそっちのけで放心状態(笑)

何はともあれ、終わりよければ全てよしです。メンバーの皆さんお疲れ様でした。