外大はその授業が話す練習を主体に構成されています。

書く練習は宿題を活用してやるというスタイルのため授業中に書くというのは各人が最低限のメモをとる以外はあまりやっていない気がします。

書く暇があれば喋れという感じでしょうか。

 

Ad

 

ところでタイトルにもある通り、語学堂生活にパソコンは必要なのかという話ですが、結論から言えば「あった方がいい」です。

 

 

 

今日は学校で作文の宿題が出ました。宿題は原則としてパソコンがある人はワードなどで文章を作成しファイルで提出です。作成したファイルは担任の先生にEメールで送ります。

パソコンがない人は手書きでも構わないのですが、スマホで調べ物をしながら手書きで文章を書いていくのは、正直面倒です。

 

 

 

今回の作文のテーマですが、教訓のある昔話を調べて書くというものです。昔話は自分の国にあるものでもいいし、イソップ童話など世界的に有名な昔話でも構いません。

話を韓国語でまとめて、さらに関連する画像があれば挿入します。世界的に有名な昔話や童話などであれば画像も検索すれば簡単にでてきます。

 

 

 

ちなみに韓国語で検索してコピペするのは反則です。あくまで自分の言葉で書く。そしてもう一つ、話はあくまで教訓や教えのあるものということです。

ですから書いた文章の最後にはその話からどんな教訓があるのか?ということが書かれていなければなりません。なかなかユニークな宿題のような気もしました。

 

Ad

 

他の学校の事情を詳しくは知りませんが、今のご時世どの学校に入ってもパソコンは必要になるのかなと感じました。

韓国でパソコンの購入を考えてる人は龍山などに行けばパソコンを扱っている店はたくさんあるし、韓国は通販も盛んです。

 

 

 

韓国でパソコンを買う場合、欲しいモデルの大まかな価格を通販サイトで調べた後、ヨンサンではその場でどのくらい割引してくれるのかを店員に確認し購入するのもいいかもしれません。

お店の人も最近は通販でみんな購入することが多いのもわかってるので、そのくらいの価格までは割り引きしてくれる場合が多いです。

 

 

 

高麗大で勉強している友人(現在5級クラス)が「来週は発表があってパワポで資料作らなきゃ」と言ってました。高麗大もパソコンが要るようです。

こういった部分は各学校でやり方は多少違えど似た部分はあるようです。最近はスマートフォンアプリでもワードやエクセルを扱えますが、効率はあまりよくありません。

パソコンがある人は準備しましょう。

 

 

 

ps. ちなみに韓国ではパワーポイントのことを피피티(PPT)と言います。