語学学校への入学が決まったら、あとは住む部屋を探すだけです。

一人暮らしと言えばワンルームですが、韓国でワンルームに入るとなると簡単なことではありません。保証金が高いからです。日本円で100万円くらい必要なところなどが普通です。

 

Ad

 

では外国人学生が簡単に入れるところはないのか?

韓国の大学生を含めてもっとも人気があるのは大学の学生寮です。しかし競争率が高くてなかなか入れません。

 

 

 

僕も学生寮を利用しようと思いましたが、すでに締め切られていました。

そこで利用したのはコシウォンという部屋です。コシウォンとはもともと学生が一人で閉じこもって勉強するための部屋です。

コシウォンは、家具家電が一式揃った小さい部屋で生活します。食事は共同のキッチンを利用しますが、ご飯は管理人が炊いておいてくれるので、自分でおかずを用意するだけでOKです。一か月の家賃45~50万ウオンくらいです。

 

 

 

キッチン

僕が入居したコシウォンのキッチンです。塩やサラダ油、しょうゆなどの調味料も備え付けてあります。

浄水器と電子レンジも揃っています。たいてい浄水器も設置されているので、わざわざ水を買わなくて済みます。

韓国も水道水はきれいですが、そのまま水道水を飲む人はあまり見ません。

 

 

 

光熱費はかかりません(部屋代に含む)インターネットも完備されていて自分のパソコンさえあればネットし放題です。

部屋によってはシャワー室やトイレも共同というところもあります。もちろん、その分部屋は安くなります。家賃を安く済ませたい人や食事も外食や買って済ませるよって人には十分でしょう。

コシウォンは基本的に壁が薄く夜中の電話は控えてとか、ちょっとした制約があるところが多いです。

 

 

 

廊下
通路は若干狭いです。

 

 

 

布団
テレビと冷蔵庫はもともとありました。布団は自分で買う必要があります。写真は少し散らかってますが、男の部屋なので、そこは目をつぶってください(笑)

 

Ad

 

ある程度のスペースや快適性を求める人には不向きかなと思います。

僕は日本にいながら、韓国の業者を通してコシウォンを手配してもらい、渡航日にそのまま部屋に直行できるようにしました。

事前に部屋を押さえておけば、渡韓前に荷物も送れます。

 

 

 

自分で探し回ってもよかったのですが、面倒だったので業者に部屋探しを任せました。

これから留学を考えている人は、参考にしてみてください。