留学中は誰でもスーパーに行くと思います。

食材を購入する時に気になるのが食べ物の賞味期限。

日本とは表示の仕方に違いはあるのでしょうか?

 

食品の期限表示は大きく2種類

韓国の食材などに適用される期限表示は2つあります。

소비기한(消費期限)유통기한(流通期限)です。

소비기한(消費期限)

この日付を過ぎたものを口にしたら、体を壊しても知らないよという期限。

肉や魚などにこの表示が多いのも日本と同じです。

その日付を過ぎたらアウトですから、シンプルでわかりやすい期限表示とも言えます。

유통기한(流通期限)

日本の賞味期限はその食材をおいしく食べることのできる期限を表していますが、韓国の流通期限は、お店に並べておける期間のことを指します。

賞味期限と同じく、期限が過ぎたからといって食べられないわけではありませんが、韓国人も期限を過ぎたものは危ないかもというイメージは持っています。

日本のスーパーのように賞味期限の何日前になったら棚から撤去してと、いちいち日付を見て計算する必要がないので、商品を管理する店側にとってもわかりやすい期限と言えます。

 

Ad

 

商品によって表示している期限が異なる

消費期限と賞味期限のどちらを表示しているかは、商品によって変わってきます。

牛乳

韓国の牛乳

最もいい例が牛乳です。日本の牛乳も製造したメーカーによって表示がバラバラですが、韓国も同じ。

流通期限と製造日は記入されていますが、消費期限はわかりません。

つまり製造日からどのくらい経っているのか、冷蔵庫できちんと保管していたのか、といった条件で飲めるかどうかを判断するしかありません。

 

お菓子やインスタント食品

ポテチ

期限がいつまでなのか判断がしにくいのがお菓子屋インスタント食品です。

写真のポテチは流通期限が表示されています。

 

インスタント食品

こちらのインスタント食品は日付しか書かれていません。

これでは、なんの日付なのかわかりません。

しかし…

 

インスタントジャージャー麺

こんな見えにくいところに、流通期限についての表記がありました。

日付は消費期限ではないので、日付を過ぎたものを食べても、おなかは壊さないでしょう。

 

Ad

 

期限表示のない食品

消費期限などの記載がされていないものもあります。

焼酎

焼酎はアルコール濃度が高く、腐りにくいので流通期限などの表示はありません。

代わりに製造日は記載されているので、気になる人はいつ作られたものか確認してみましょう。

砂糖

糖分100%の砂糖も、流通期限などの記載の必要はありません。

アイスクリーム

マイナス18度といった低温で保管するため、菌の発生しようがないアイスも表示の対象外。

これは日本も同じですね。

 

日付が過ぎたものは口にしないようにしよう

期限切れのものを提供してはいけない

韓国では流通期限が過ぎたものをスーパーに並べるのはもちろん、それらを使って調理をしたもの提供することも禁止されています。

韓国の大学の学生食堂の何か所かが「期限切れのラーメンを調理して提供した」などの理由で摘発されたというニュースもありました。

日本でも賞味期限切れの材料を使って調理したものを出すことはないと思いますが、店側の管理を問われる部分ですね。

最後は自分の管理が大事

例え保存期限の長いものでも、管理の仕方を間違えれば何の意味もありません。

特に一度開封してしまった牛乳などは早めに飲まないとおなかを壊してしまいます。

保存期限を気にするのもいいのですが、それ以上に管理の仕方に気を配り、腐ったものものを食べておなかが痛くなったなんてことのないようにしましょう。