先日ようやく携帯電話を購入しました!これでようやく人並みの生活です(笑)

契約した携帯電話はSAMSUNGのギャラクシーノート2で通信社はKTです。ということで、韓国の携帯電話と通信社、料金プランなどについて書いていきます。
(2016年1月料金プランなど一部修正)

 

Ad

 

スマホ
今回僕が契約したKTテレコムですが、韓国の通信業者の中では2番目にでかいといったところでしょうか。韓国携帯の通信業者でメジャーなところは3つあります。

SKテレコム
KTテレコム
LG U+

SKはドコモ、KTはソフトバンク、LG U+はau、のようなイメージです。

 

 

 

これら3大通信社の特徴ですが

SKは最も加入者が多く(韓国の50%がSK)通話品質もいいと言われています。

KTは通話品質もそこそこながら回線速度の速さには定評があります。

LG-U+は安さ?!

 

 

 

どこも極端に差があるわけではなく、半分僕の主観もあります…

日本との国際ローミングですが、SKは日本ではソフトバンクの回線を使います。KTはドコモでLG U+はauです。LG U+はCDMA2000方式のため日本ではauにローミングされます。

 

 

 

気になる端末代金の支払いですが、新品を買う場合D-4ビザだとSKでは分割払いがききません。KTとLGは店にもよって分割は断られる時があります。

また、中古携帯を扱っている店もあるので、そういう端末であれば本体代を安く抑えられるでしょう。

 

 

 

端末の値段ですが新品を購入するものと仮定すると本体料金は日本と差はありません。機種にもよりますが平均8~9万円(工場出荷時)くらいです。

ここからどの程度の割引が効くかは販売店にもよりますが5~6万円前後を見ておくといいかもしれません。

 

 

 

3大通信社で本体を分割払いで契約すると当初の3か月間は月額60000ウォンくらいの料金プランに強制加入になります。3か月たったら変更可能です。

約6000(基本料金) + 本体の分割支払い金額 = 月の携帯代金

ちなみにSK同士、KT同士、LG-U+同士は音声通話、動画通話、メッセージが無料です。

 

Ad

 

料金プランは3社基本的にほぼ同じです。パケ代込みの基本料金プランが細かく設定されており、自分の使い方に合わせて選択可能です。

データ通信無制限の場合は基本料金もその分高くなります。

 

 

 

韓国スマホ
韓国のケータイは予備バッテリーが標準装備でついてきます。充電器が別にあるのも特徴です。

 

 

 

料金プラン
料金プランを見てみます。KTの料金プランの一部ですが、データ通信をそんなにしないのであれば月に3000~4000円程度あれば十分すぎるでしょう。

 

 

 

月額45000ウォンくらいなら無料通話200分、ショートメール200件、データ通信1.5Gがついてきます。

韓国でも2年契約で月額基本料金が安くなる制度があります。

他にはプリペイド式の携帯がありますが、プリペイド携帯の話は後日、お話しようと思います。