外国人登録証ができたので、さっそく銀行へ行ってきました。今回は国民銀行です。

韓国で最も大きな銀行で顧客数も一番多く、友人の国民銀行がいいと勧めてくれたのであっさり決定。

先日の北朝鮮による報道機関・金融機関のサイバーテロ攻撃にも被害がなかったという点も大きかったと思います。

 

Ad

 

さっそく口座開設の申し込みです。番号札を取り順番を待つ間に申し込み用紙に必要事項を記入。

用紙は2種類あります。

 

 

 

口座開設1

1枚目の用紙です。

①名前は英語で登録証(パスポートと同じになる)と同じように記入します
②住民登録番号に外国人登録番号を記入します
③登録する印鑑もしくはサインを準備
④住所と電話番号

 

 

 

最初はハングルで名前を記入しましたが「英語で書いて」と言われたので英語で記入しました。

電話番号は僕はコシウォンの管理人室の番号を記入しましたが、さらにその下ケータイ番号 の記入欄があるので韓国のケータイを持っている人は記入しましょう。

 

 

 

印鑑とサインですが韓国ではサインで登録する人が多いようです。

もし印鑑を紛失したら手続きが面倒になるし、サインの方が確実だよ」と銀行の職員の方にもサインでの登録を勧められたこともあり、今回はサインで登録しました。

 

 

 

記入用紙

次に2枚目の申し込み用紙です。これはチェックカードの加入申請書です。記載する事項は…

①名前(英語とハングル)
②外国人登録番号
③住所
④電話番号
⑤ケータイを持っている人はケータイの番号

 

 

 

記入は難しくはないのですぐに終わります。残りの記入か所は手続きをしながら必要事項があれば、銀行の窓口の人が書いてくれます。

窓口で手続きを進めながら、利用規約に同意しますという旨の用紙にサインをして、印鑑かサインを登録します。

 

 

 

あとはカード発行時に暗証番号を決めるので、機械で4ケタの数字を2回入力。銀行窓口の方の指示通りにすれば何も問題ありません。

手続きが終わればすぐに通帳とカードが発行されます。日本のように1週間後に郵送で!とかそんなイライラするようなことはあり得ません(笑)

 

Ad

 

この時に「カードは絶対に他人に渡すことはないように」と釘を刺されました。

もしそれでトラブルが発生したときは銀行は一切の責任を負わないとのことです。普通に考えればそんなことはしないとは思いますが…

 

 

 

通帳

これが国民銀行の通帳です。通帳を開くと1ページ目に注意事項などが書かれています。

1、預金者保護法に基づいて預金保険公社が1人当たり5000万ウォンまで保護し、それ 以上は保護はしない。
2、通帳、カードを他人に譲渡した場合はその責任を自ら負うとともに、新たな口座の開設など、その後の金融取引に制限がかかる。
3、振り込め詐欺、オレオレ詐欺に注意してください

 

 

 

まあ、普通に使ってれば大丈夫でしょう。最後にチェックカードについてお話をします。

韓国のキャッシュカードはチェックカードと呼ばれていて、クレジットカードで決済するようにキャッシュカードで決済すると使った金額だけが、そのまま自分の口座から即座に引き落とされます。

すごい便利なシステムです。

 

 

 

このチェックカードですが、もともとは小切手などによる支払いの引き落とし用として別に使っていた口座とそのシステムを面倒くさがりのアメリカ人がカード決済システムにも導入したのが始まりです。

トラベラーズチェックもそうですがチェック=小切手です。

自分の口座から即座に決済なので、利用限度額=預金残高となります。

 

 

 

クレジットカードと合わせてチェックカードが普及している韓国ではあまり現金を持ち歩かない人が多いです。

日本でもデビットカードという形でチェックカードと同じ機能を持っシステムは存在しますが、指定口座が少なく年間のカード維持手数料もかかるので使い勝手は良くありません。日本にもできればいいのに…

 

 

 

以上で韓国での口座開設の話は終わります。韓国で口座開設の際は参考にしてください。