留学中における税金などの話をしたいと思います。

会社に勤めていた方が、仕事を辞めて留学生活をはじめる場合などは、覚えておくといいかと思います。

もちろん交換留学生などの場合でも全く関係ないというわけではないのである程度は知っておきましょう。

Ad

所得税

知る人ぞ知る税金の王道で、収入に対してかかってくる税金です。

所得税は、1月1日~12月31日までの1年間に得た収入に対して発生します。

この間にどのくらいの収入があったのかを、2月から3月にかけて国に申告し税金を納めます。

いわゆる確定申告ですね。

 

会社員などの場合は、源泉徴収(げんせんちょうしゅう)といって、給料から税金があらかじめ天引きされます。

源泉徴収は「今年はこの人はこのくらいの収入があるだろう」という見積もりに基づいて、給料から税金を差し引きます。

 

12月の給料が出る時点でその人の年間の収入、所得税の金額が決まるわけですが、これまでに給料から多く税金を多く取りすぎた場合は、差額がいくらか戻ってきます。

これが「年末調整」です。

これらは経理、会計の人が行うので一般社員はいちいち考えなくてもOKです。

 

また、会社員だった人が退職後に自分で確定申告をする場合があります。

退職した時期によっては、確定申告を行うことで年末調整で戻ってくる税金が発生することもありますので覚えておきましょう。

自分の場合がどうなのかわからない場合は一度、税務相談に行ってみるのもいいかもしれません。

 

住民税(地方税)

ちょっとややこしい税金です。

所得に応じて支払う税金という点では所得税と同じなのですが、問題は納める時期です。

 

住民税は前年の所得税の金額に応じて変わってきます。

2~3月の確定申告(会社員は12月の年末調整)で、昨年1年間の収入と所得税が決まります。

これに応じて住民税が計算され、6月に住民税の請求がきます。

つまり1年遅れで住民税を払っているわけです。

 

例)2013年6月に請求がくるの住民税の場合

2012年1月1日~12月31日までの収入に対して所得税が発生
(会社員は2012年12月に年末調整、自営業者などは2013年2~3月に確定申告)

2013年6月に住民税請求
(2012年分の住民税確定)

 

会社員の場合は毎月の給料から住民税を分割して納めますが、退職した場合は退職金から残りの住民税の一気に差し引くこともあります。

例えば11月に退職したならば、12月から翌年5月までの6か月分の住民税が、退職金から引かれるということですね。

 

もし、退職金から住民税が引かれなかった場合、韓国に行く前もしくは韓国にいる間に請求が来ることもあり得ます。

住民税は所得税に応じて課税されるので、会社を辞めて留学となれば、韓国に渡る前に「会社員時代の収入」に合わせた住民税を支払うことになります。

留学生活が始まるまでの間に、しっかり確認をしましょう。