語学堂への入学手続きについて、話していきたいと思います。

僕自身の経験をメインに話していくので、学校が変われば違いも出てくるでしょう。

そのため、これから入学手続きをしようと考えている人は、参考程度に考えてもらえればと思います。

Ad

学校に問い合わせ必要な書類を準備

僕はまず、学校に問い合わせのメールを送りました。

次の日に返信メールが届いたので、それをもとに入学に必要な書類を準備しました。

僕が用意した書類は次の通りです。

 

・語学堂の入学に必要な書類

入学願書
最終学歴の卒業証明(高卒以上)
最終学歴の成績証明(必要ない場合もある)
パスポートのコピー
証明写真2~3枚
銀行の残高証明(学校ごとに基準額を確認)

 

願書は学校のHPからダウンロードするケースがほとんどです。

ビザを申請する人は銀行の残高証明を準備しましょう。

また、学校によっては留学保険に加入し、その証書のコピーなどを用意する必要があるケースもあります。

 

書類の提出と学費の支払い

書類をそろえたら、学校に提出し、学費を支払いましょう。

書類審査と支払った学費の確認が終われば、申し込みは一通り終了です。

ところで、どこの学校も「韓国ウォンでの支払いのみ」というのがほとんどで、日本人が最初にぶつかる壁だと思います。

 

一昔前は、韓国にいる知り合いに手伝ってもらうという方法が主流でしたが、今は郵便局や大手銀行、もしくは韓国系銀行を利用する方法もあります。

また、韓国ウォン対応の海外送金サービスを行う業者もあるので、これを利用するのもいいでしょう。

留学の学費の学費の支払いならエクスパロが便利

 

入学許可書を持ってビザの申請

学費の支払いも終われば、入学許可証が送られてくるので、ビザの申請が可能になります。

ビザの申請は領事館(東京の場合は麻布の大使館領事部です。四谷の大使館本館ではありません)で行います。

領事館ごとに各都道府県の管轄が決まっていますが、他の管轄の領事館で申請ができないわけではないので、一番近い領事館に行って申請しましょう。

 

また、必ず日本でビザ申請をする必要はなく、韓国に行ってからでも可能です。

しかし韓国でビザ申請のをする際は、韓国の銀行口座の残高証明が必要になります。

ビザなし(外国人登録証なし)で、韓国の銀行口座を開設できる場合もありますが、手間はかかるかもしれません。

いずれにせよ、自分に合った方法を選びましょう。

 

ビザ申請と必要な書類は?

ビザの申請に必要な書類です。

 

・ビザ申請に必要な書類

1. 申請書(備え付けであります)
2. 3.5cm×4.5cmの写真(申請書に貼る)
3. パスポート
4. 入学許可証
5. 銀行の残高証明(30万円以上が基本)
6. 最終学歴の卒業証明(高卒以上)

 

5、6の書類は各領事館で異なりますので、事前に確認をしましょう(入学許可書があれば残高証明を取る必要がない領事館もある)

領事館の方は日本語ペラペラですので韓国語ができなくても心配はいりません。

また、ビザの発給には大体3~4日かかるので、余裕をもって申請しましょう。