韓国人の友達の結婚式に行ってきました。

日本での結婚式は何度も行きましたが、韓国では初めてです。

そこで今回の話は、タイトルにもある通り「ご祝儀など」についてです。

 

ご祝儀の金額が違う

といっても、基本的に式そのものはそんなには変わりません。

新婦がウェディングドレスを着て入場するのも、みんなの前で永遠の愛を誓うのも同じです。

 

ただ、日本と大きく異なるのはご祝儀。

日本なら2~3万円を包むのがオーソドックスですが、韓国では平均5万ウォン(5000円)くらいです。

それから招待された友人以外がいってもOK!です。

友人の友人までがついていき、結婚式の後に食事をして帰るなんてのもありです。

みんなで行って祝福してあげようって感じですね。

 

会場に着いたらまずは受付ですが、ここで招待客の名簿はありません。

新婦か新郎どちらと親しい仲だったのかだけを明かせばOK!

ご祝儀を渡してノートのようなものに自分の名前を書く。

友人が一緒なら友人の名前も。

そして食券をもらいます。

 

ご祝儀は友人と折半して、一緒に食事してもかまわないです。

受付の横に白い封筒があるので、ご祝儀もその場でお金を入れて「祝結婚」とか書けばOKです。

この素晴らしきアバウトさ。

僕はこういうの好きです。

 

式が終われば食事をして終了

20140524_142551

式が終わると記念撮影。

親戚、友人などの順で集合写真を撮っていき、写真撮影が終わればひとまず終了。

その後は食事ですが、日本の披露宴のように長々とはやりません。

 

食事の会場では、食券が必要になります。

料理はバイキング形式で、アルコールも飲み放題。

「結婚式は食事に行くもの」と考えている人は、結構いるようです。

 

ちなみに式に参加する女性は花嫁のドレスとかぶらないように、白系の服は控えた方がいいらしいです。

男性はスーツでOKです!