10月に受けた韓国語能力試験の結果が出ました。

前回の夏に受けた時は、8点足らず5級に甘んじましたが、今回は無事に6級合格です!

Ad

どのくらいの期間で6級に合格した?

今回で韓国語能力試験の受験は3回目ですが、韓国語の勉強を開始してちょうど6年半が過ぎました。

6級合格までに6年以上かかってるで、決して早い方ではないのは確かです。

これまで5級は持っていましたが、6級を持っている人を差し置いて「僕韓国語できます」と言うのはおかしい。

やっぱり「1番上のランクになるまではダメだ」というのが僕自身の中にもあったので、ここで1つの目標を達成した感はあります。

ただ、いざ6級に受かってみると、こんなものなのかなって感じです。

 

実力が伴わないと意味がない

資格はその人がある程度の知識や能力を持っていることを証明するだけにすぎません。

資格がなくても「能力を持っている人」はたくさんいますし、韓国語も会話力とTOPIKのような試験はまったく別です。

外大でもTOPIK4級は持っていても会話力がだめすぎて、2級からスタートとかいう人はいっぱいいます。

 

資格は大事ですが、やっぱり実力が伴わないと意味はないかなと思います。

いくら「TOPIK6級持ってます」と主張したところで、韓国人とまともにコミュニケーションがとれなければ、その資格の価値を疑わざるをえません。

そういう意味でも6級に合格したことで、ようやく1つのスタートラインに立てたような気がします。

 

ただし、これらの語学的な資格を持っていることは素晴らしいことです。

それだけの時間と努力を費してきたという証でもあるわけですから。簡単にできることではありません。

なによりそういった資格をとることで1つのことを成し遂げたという自信につながると思います。

 

韓国語能力試験の対策について1つアドバイスをしたいと思います。試験を受けたことがある人はご存知の通り、90分の試験時間が2回(休憩30分)あります。

前半は語彙・文法と書き取り。後半はリスニングと読解です。

 

究極の試験対策は「日ごろの努力」

TOPIKの試験を受けるに当たって、思ったことがあります。

それは、日ごろの努力に勝る試験対策はないということです。

 

試験問題を解く際、リスニングの空白の時間を見つけて、次の問題文に目を通す。

作文で不安な時は難しい言い回しや言葉の使用は避け、簡単な言葉でも正しく書く方がいい。

 

こうしたテクニック的な部分は練習が必要かもしれませんが、付け焼き刃のような気もします。

多少時間はかかっても、コミュニケーション能力を高めつつ、自然に合格するのが理想的ではないでしょうか。