突然歯が痛くなりました・・・ 歯の痛みだけはどうにもなりません。

歯医者に通うことを余儀なくされたので、韓国の歯医者事情についての話をしたいと思います。

Ad

突然激痛に襲われた

昔治療して、金属をかぶせた部分の中で虫歯が発生しました。

中で虫歯が進行したため気づかないうちに神経まで侵されていて、自覚症状が出た時にはもう激痛!

最も恐れていたことですが現実になってしまいました。

ということでまずは病院探しからです。

 

学校の先生に「いい歯医者はないか」と聞きまくって、外大のすぐそばにることが判明。

正門から徒歩30m。한수현치과(ハン・スヒョン歯科)(現在はありません)

ここで、早速申請したばかりの韓国の保険証を持って行きました。

レントゲンを撮ったらやはり神経治療が必要とのことでした。

 

日本で治療を受けた歯医者が歯の根っこをきちんと治療しきってなかったようです。

再発し、しかも歯根で感染も起こしてました・・・

あのやぶ医者めと思いながら… △歯科。二度と行かねえ!

 

一度神経を削って治療したのに、また歯根に感染があるので、治療が少々面倒のようです。

それに設備も新しくはないので、同じ治療費を負担するなら他の歯医者に行くことを勧められました。

ここではレントゲン代で約300円くらい。

また歯医者探しです。

 

今度は日本人仲間に徹底的に聞きまくります。

そこで出てきたのは「山歯科」という歯医者。

設備も新しく、日本の健康保険の為の必要書類の作成にも対応しているところだそうです。

山歯科について見てみる

 

ここでもやっぱり同じことを言われました。

しかも治療の為には回数通わなければならないそうです。

歯は大事なので仕方ありません。

 

銀歯のかぶせ物は健康保険の適用外

さっそく治療を始めたのですが、治療の流れを聞いてびっくりしたことがありました。

それは韓国では銀歯のかぶせ物は健康保険の適用外ということです!

これはとんだ誤算でした。

神経治療(神経を削り取り消毒する)には保険がきくのですが、最後のかぶせ物は保険がきかないんです。

治療費が…(涙)

 

治療費の目安としては

神経治療         約12000ウォン(1回)

銀歯         約450000ウォン

セラミック      約480000ウォン

 

銀歯が高すぎる!

セラミックにする場合は、日本より安いです。

銀歯に4∼5万円も払ってられない。被せものでどのみちお金がかかるなら再発のリスクの少ないセラミックの方がよさそうな気もします。

 

数回の神経治療の後にかぶせ物をしたら、日本円で6万円近くはかかりそうです。

それでも留学保険入るよりは安いです。(歯科特約をつけると軽く10万円はいきます)

 

医療費を安くおさえる方法は人それぞれケースが違うので、自分に合った方法を探してみましょう。

歯医者も1・2回くらいなら自腹でもトータルで安くいけるかもしれません。

僕はこれから銀歯にしようか、セラミックにしようか考えます。