僕は韓国で買ったパソコンを使っているので、メニュー表示などはすべてハングルなのですが、ソフトによっては日本語のものもあります。

ところがこの日本語のソフトが文字化けを起こすなんてことがよくありました。そこでこれらを直す方法について触れておきます。

 

Ad

 

untitled

コントロールパネル」の言語設定から入って、「管理」タブら「システムロケールの変更」で韓国語を選んで再起動します。韓国語のパソコンを普段使っている人はこれで、インストールしたソフトの文字化けはなくなります。

もし日本のパソコンで韓国語のソフトを入れたい場合は、システムロケールで「日本語」を選択すればOKです。

 

 

 

もう少し突っ込んだ解説をします。言語設定で紫色で示したユニコードというものです。

ユニコードとは複数の言語表示に対応しているかです。アプリケーションソフトによっては対応していないもの(英語と日本語のみ、または日本語のみやハングル対応のみなど)があります。

 

 

 

そういったユニコードに対応していないソフトを起動する場合、表示する言語は何にするかを設定するのがシステムロケールです。

当然を変更の仕方を間違えると、プログラムの表示に影響が出る場合があります。

 

Ad

 

例1
日本語のシステムに韓国語のソフトをインストールして起動すると文字化けする
(わけのわからないカタカナの羅列が出てきます)

例2
システム表示が韓国語なのに日本語表示対応のみのソフトをインストールして文字化け
(わけのわからないハングルの羅列が出る)

例3
インストールしたプログラムの一部が文字化けを起こしている

 

 

 

OSの言語とアプリケーションの言語がかみ合わないと文字化けが起こります。

したがってユニコード対応(複数言語対応)のソフト、もしくは自分のパソコンに合った言語のアプリケーションを選んでインストールしましょう。

 

 

 

2013y01m14d20

試しに韓国語表示のシステムに、日本語対応のソフトを起動させるとこのように、日本語の一部が正しく表示されていません。

韓国語に限らず中国語などでも同じことが言えるので、言語設定とプログラムの際は覚えておきましょう。