文字入力以外の部分、アプリケーションソフトやOSを韓国語などの外国語で使用する方法です。

日本語のOSに外国語のソフトを入れると、言語が合わないため文字化けを起こすことがありますが、これを予防することができます。

 

Ad

 

 

1.ソフトの言語切り替え機能を使う

iTunesなど、他の言語表示に切り替える機能がついたプログラムであれば、それを使いましょう。これだけで解決します。

 

2.OSの言語変更を行う

プログラムによっては言語切り替え機能がなくても使わざるをえない場合もあると思います。

そうなるとOSの表示言語を変えなければなりません。

 

 

 

 

win7の場合は「windows7 ultimate」をインストールしましょう。

windows7 ultimateはシステム表示に必要な言語パックを自由に追加・変更できるようになっており、導入すればすべてハングルなどによる表示で使用することも可能になります。

 

 

 

uuu

windows7 ultimateをインストールした後、「コントロールパネル」から入って「キーボードと言語」の画面に進むと「言語の追加と削除」というような項目が新たに現れます。

赤で表示した部分です。写真はすでに韓国語表示のため、少しややこしいですがご勘弁を!

 

Ad

 

D8C

「言語の追加と削除」からwindowsのアップデートに進んで、「重要ではない選択可能なプログラム」から韓国語の言語パックをダウンロードします。

ダウンロードが終わったら、先ほどのコントロールパネルから「キーボードと言語」の画面の緑の文字の部分をクリックして「表示言語」に韓国語を選択。

再起動すればOKです。

 

 

 

これでオール韓国語表示で利用可能です。DELLなどのパソコンは購入時からオプションでOSを変えたりできるので、初めからwin7 ultimateの入ったパソコンを購入してもいいかもしれません。

中国語など他の言語への変更も基本は同じ方法で可能ですので、他の言語で使う必要がある人も参考にどうぞ。