近所のスーパーに買い物に出かけた時、何気なく店内を物色していたら、意外なものを発見しました。

金兵長の戦闘食糧(レーション)と書いてある。

どんな味なのか、興味が惹かれ思わず衝動買いしてしまいました。

Ad

戦闘食料って何?

戦闘食糧(レーション)とは、いわば兵隊のごはんで、兵士が訓練や戦闘の合間に食べるものです。

 

レーション

戦闘食料

価格は3000ウォン。

 

中身

中を開けると、粉末ソースとゴマ油、乾燥させたごはんなどが入っています。

ごはんは干し飯の状態になっています。

まるで戦国時代の足軽の食事です。

 

作り方

内側のラインまで水をお湯を入れ10分待ちます(水なら30分)

 

お湯を入れる

するとこんな感じにふやけてきます。

 

できあがり

これに粉末ソースとごま油を入れかき混ぜれば、ビビンバの出来上がりです。

 

レーションの味はどうなの?

味はお世辞にもおいしいとは言えないですが、そんなにマズくもなかったです。

韓国の男性たちはこんなものを軍隊に行って食べているのかと思うと、兵役のない日本人男性はまだ恵まれているなと思いました。

自衛隊にいる日本人なら話は別ですが・・・

 

現在、彼氏が兵役中だという日本人女性の方は、これを食べれば彼氏の気持ちがより理解できる?かもしれません(笑)

一度ご賞味あれ!

 

ちなみにこのレーション、地域によっては小学校の生徒やお年寄りなどが、戦争時の避難訓練を行いながら、食べたりもしていました。

さすが韓国です。

でも最近は軍隊のごはんも、だいぶ良くなったようです。