慶州を韓国した時のレポートです。

慶州では仏国寺を見学したので、ルートなども紹介していきます。

まず、仏国寺駅まで汽車で移動します。

Ad

仏国寺駅からバスで移動

仏国寺駅から正面の大通りへと出ます。

 

20130604_134055-300x225

20130604_134157-300x225

すると仏国寺への看板が見えます。

 

20130604_134419-300x225

表示の方に歩いて行くと、10mかそこらでバス停があります。

乗るべきバスは11番バス

これに乗って行き、バス停も仏国寺で降りるだけです。

この仏国寺ですが、慶州の観光=仏国寺と言われるくらいのところです。

 

20130604_135734-300x225

バスを降りると寺の入口までは少々歩きます。

 

20130604_140326-300x225

5~10分で、立派な門が見えてきます。

この門の右に受付があるので、入場料を4000ウォンを支払います。

 

20130604_140821-300x225

20130604_140907-300x225

20130604_140940-300x225

韓国の寺にはなぜか、こんな感じの象が多い気がします。

この像を過ぎ、長い道を抜けるとそこにはおなじみの建物が待っています。

 

お寺

お寺

観光客でけでなく地元の小学生たちの社会見学の場にもなっています。

この建物が仏国寺の中でも最も有名ですが、実はこの建物は本堂を囲う門です。

 

本堂はこじんまりとしている

大きな門と比べて、本堂は少し小さい感じもします。

 

20130604_142606-300x225

20130604_142819-300x225

小さめの本堂らしき建物が、いくつか点在しています。

 

20130604_143237-e1371029994211-225x300

20130604_143745-300x225

20130604_144217-300x225

正直どの建物も似たり寄ったりで、僕には違いがよくわかりません。

まつられてる仏様がちょっと違うのか、程度にしかわかりません。

景色と建物を見ることが、外国人観光客の楽しみでしょうか。

 

20130604_144324-300x225

20130604_145019-300x225

20130604_152722-300x225

仏国寺にも石の塔はありますが、馬山の八龍山にくらべると大した規模ではないです。

 

仏国寺を見学した後は、慶州市街に立ち寄り、そこから大邱(テグ)を目指しました。

次回は大邱の名物についてです。