馬山を訪れた時のリポートで、八龍山の様子を紹介していきます。

八龍山はソウルから高速バスで4時間半。

バスターミナルからは徒歩10分くらいに位置します。

Ad

賽の河原のようにそびえる石たち

八龍山は標高325mと、軽易に登れる山です。

そのため近所の人が、散歩がてら来ることも多い場所です。

 

20130601_183847-300x225

ふもとに着くと、こんな大きな石の塔が出迎えてくれます。

 

20130601_185006-300x225

中に進んでいくと石の塔が見えてきました。

足場が整備されているのはここまです。

晴れの日はスニーカーでも問題ありませんが、地面のコンディションによっては注意が必要です。

 

20130601_185152-300x225

20130601_185341-300x225

20130601_185405-300x225

どこまでも続く石の塔は、まるで賽の河原です。

韓国のお寺や山にはこういった石の塔がたくさんありますが、八龍山の石の塔は韓国内でも最大の規模です。

 

20130601_190057-e1370653463777-225x300

20130601_190747-300x225

こんなごつごつした岩の上を歩きます。

スニーカーでも十分に行けた山でしたが、登山靴が欲しくなった瞬間でした。

 

20130601_191257_HDR-300x225

20130601_191440_HDR-300x225

20130601_190935-e1370653779656

山頂はちょうど夕暮れ時。

山頂から見た町も良かったです。

ちなみに帰りも登りと同じルートで降りました。

 

 

馬山を訪れた際には、オススメしたいポイントです。

ぜひ一度、足を運んでみてください。